5/09/2016

Church man coat ,Clergy uniform








England/ Clergy coat 1920s

今回の買い付けで探していた素材は
モヘア、シルク、レーヨン

特にモヘアは寒い国イギリスではサマークロス
として使われる事が少なくないのですが、
本来高級な素材であるので探すと言ってもラッキーを願うのみ

ライダースのようなアシンメトリーなカット、
ブラックカラー、細番手のキッドモヘアとリネンの光沢
モヘアの贅沢な布分量とドレープ

教会で着られていた、bespokeの牧師のコートです

J Wippell & Co. Ltd.という1789年創業の現存する
主に教会等におさめる物を供給するテーラー
現在も自身の縫い場で生産を続けており、
極力イングランド内の生地しか使わないといった
姿勢をとっています

クラシックに分類される衣類なのですが、
不思議と現代的でもあり未来的

古き良き家内制手工業という形態や、
ファッションとは別の
流れを気にせず変わらないものを作り続けている事は
いわば保守的な姿勢
閉鎖的な態度ともいえます

このスタンスが生み出すものが、ファッションの観点から見ると
過去的でもあり未来的でもあるという、
時間軸が歪んだような錯覚を見た人に与えるのかもしれません




------------------------------------------------------------------------

5/9(mon) open13pm-close18pm

5/10(tue)--------5/12(thur)  close

5/13(fri) --------5/16(mon) GERALD OSAKA 4days
(大阪での期間中、夏目坂GERALDはお休み)

5/17(tue)--------5/21(sat) close

5/22(sun)  以降 夏目坂にて通常営業

-----------------------------------------------------------------------------------------------------



GERALD boutique

in  OSAKA 

4Days Limited shop


5/13(Fri)    14pm-20pm

5/14(Sat)   12pm-20pm

5/15(Sun)  12pm-20pm

5/16(Mon) 12pm-18pm



Place at COMMON PLACE ←click





531-0075 大阪府大阪市北区大淀南1-1-16-2F
最寄駅

JR大阪駅(約10分)

御堂筋線/阪急線 梅田駅(約10分)

四つ橋線 西梅田駅(約12分)

※電車でお越しのお客様

①JR大阪駅(中央北口出口)/阪急梅田駅(茶屋町出口)/地下鉄御堂筋線梅田駅(5番出口)

②ルクア地下→グランフロント大阪南館地下を上がり→北館横の地下通路をスカイビル方向へ

③地下通路を上がり、スカイビル前を左折→ファミリーマートを横切り、「THE PLACE」というネオンがある建物

※注意事項

<パーキング>

駐車場がございませんので、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

<駐輪場>

駐輪場はございません。行政による撤去などの責任は負いかねますので予めご了承下さい



GERALD

ROOM-1,Natumezakanoma,37-22,
Wakamatucho,
Shinnzyukuku,Tokyo

東京都新宿区若松町37-22
夏目坂の間ROOM-1
Open 13h-20h
Close every Wed.,Thu.

mail: geraldosaka@gmail.com