3/12/2017

Information / REVISIT /







+++ informations +++

イギリス、フランスでのバイイングの為、下記の期間は
お店をお休み致します

3/13(月)-----------------4/7(金)


営業再開は 4/8(土) を予定しています

期間中のお問い合わせは
帰国後4/8(土)以降となります

Revisit / 4年ぶりにフランスにも行きます

当時フランスに行っていた頃
見ていなかった洋服をピックしたいと思っています
日本人が抱くフランスのイメージを
良い意味で裏切れれば良いなと思います

フランスの牧歌的なグッドオールドデイズとは別の顔、
都市の生々しさや、街の喧噪、異文化コミュニティ、闇のセクシャリティ、
モードの年輪
そこをエグれたら最高です




買い付け期間中の色々は、
可能な限り instagram にup致します
余裕があればblogも



insta ID :  boutique_gerald ←click here

よろしければフォローしてみてください




では!宜しくお願い致します


GERALD

ROOM-1,Natumezakanoma,37-22,
Wakamatucho,
Shinnzyukuku,Tokyo

東京都新宿区若松町37-22
夏目坂の間ROOM-1
Open 13h-20h
Close every Wed.,Thu.

3/10/2017

YOUR FACE




オープンなマインドでコミュニケーションを
とる事がスタンダードな昨今、無表情
である事は相手に違和感を覚えさせてしまいます

一方で今の洋服に目を向けると、
笑顔で今にも話しだしそうな服が並びます

自分の良さをディティールやデザインに乗せて
アピールする洋服です

そんな中、無表情な洋服が存在しても良いよな
と思う事が多々あります
(もちろんコレクションなどファッションクローズは大好きです)

無表情で無口、
いわゆるビンテージでもなく、
ファッションクローズではないから、デザインやディティールが
話しだす事はない

またそんな服は、コンパクトにまとまったイメージや
意図が無いので
着る人により多いにイメージが変わったりする





パッケージングされた考えやイメージを着るのではなく、
自分次第で変化する、余白のある服は面白い


イギリスの郊外のファクトリーによるスウェットを中心としたウェア



1ヶ月ブログを放置していました
今後はブログもインスタと並行してUPして行きます

ひとまずお知らせを日曜日にまたUPします




GERALD

ROOM-1,Natumezakanoma,37-22,
Wakamatucho,
Shinnzyukuku,Tokyo

東京都新宿区若松町37-22
夏目坂の間ROOM-1
Open 13h-20h
Close every Wed.,Thu.






1/24/2017

'VIA'





Via





前回のイギリス出張で浮かんだキーワード'via'
英語本来の意味とは違うかもしれません



あらゆる文化、政治的背景、時代を経由してイギリスで産まれた当時の洋服達

もはや現代では当たり前なことですが
今一度
クロスオーバーな
文化、エッセンスの混ざった当時の結晶、洋服達を中心に

1/28(土)、週末より春夏のスタートとしてリリースします

是非店頭にてご覧ください






/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


'via'

経由という意味です

単語本来の意味と違うかもしれませんが、via /


イギリスの服でありながら、他国の文化的影響を含んだ洋服

それはデザイナーが生まれた土地の影響であったり、
植民地の入り交じった影響であったり
移民達が産んだカルチャーであったり

また、古い時代の文化を経由した新しい時代の服

主に2000年代から始まった再解釈、
例えば、固定概念をなくし、
角度を変えて時代や捉え方を再解釈するといった手法ではなく、

純粋に時代の経過とともに生まれ、
新しい洋服としてデビューしていたのは80s-90sが最後ではなかったのか。

洋服において、出来上がったと思われた個人のスタイルは、結果たどり着かず
常に経由経由の連続ではないのか

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

12/31/2016

2016-2017







2016年 今年は GERALDにとって、自分にとって大きな決断をした年でした

新宿区とはいえ、関西から、古い町並みの住宅街に

お店を移転することは、熟考を必要としました


結果、熟考したら移転できないと解り、何も考えず物件優先で決めました

物件優先やフィーリングで決めることはタブーなのは分かっていましたが、

’勘’に頼りました




インターネットや口コミ、大阪時代の全てのお客様に支えられて、
ワガママな移転の初年度を終えることが出来ました

この場を借りて、ご利用、ご来店、話のネタにしてくださったすべての方々へ感謝申し上げます

ありがとうございました!



2017年もマイペースに自問自答しながら、色々な都市、文化、感覚、服飾史を経由しつつ
新しい方向へ少しでも進めて参ります

ご来店、ご利用頂く方々それぞれのパーソナリティーで、洋服にある余白を埋めて頂ければ
幸いです

では良いお正月をお迎えください


新年は1/6(金)15時より、新商品を追加してお待ちしております

2017年もよろしくお願い致します


GERALD

有馬