8/01/2016

1942 dated














England/ British Army 1942 Dated GAS CAPE 


フェイドした生地はムラのある淡いピンクベージュに変化

パターンだけ見れば40sだとは思わない、ユニークなミリタリーアイテム

かなり大きなアームホールに太い袖、
フロントの裾は捲れるようにスナップが配置され、
バックにはボッコリとふくらみがあり、着ると背中が曲がった様に写る

ラバーかオイルドコーティングされたコットンリネンキャンバスは
まだ少しコーティングを残しています

調べると、出てくるカラーはグリーンが多く、
このようなライトカラーは資料に無く、
縫い代始末も多少粗い箇所があるので、
1942という時代背景によってイレギュラーに生まれた物だと思います


ミリタリーがファッションシーンでデザインソースになる様になり久しいですが、
ズバリをコピーする手法ではなく、アイテム独自のエッセンスを吸収するなら
こういうアイテムだと思います


実用性からくるデザインのミリタリーウェア
まさに実用性からの発想でないと辿り着かないデザイン

少しコレクタブルなアイテムです
着る事は簡単ではないかもしれません

誰かの独自なパーソナリティで着ると、
途端にクールになる事は間違いない
そんなコートです


GERALD

ROOM-1,Natumezakanoma,37-22,
Wakamatucho,
Shinnzyukuku,Tokyo

東京都新宿区若松町37-22
夏目坂の間ROOM-1
Open 13h-20h
Close every Wed.,Thu.




Mail / geraldosaka@gmail.com