9/06/2016

Foster&Co 1927/6/7<20s資産家の粋な感性、洒落>








England/  Foster&Co 1927/6/7 dated Bespoke Blazer

濃紺カラーに眩しいレッドジグザグ
80s-90sのジャケットかなと思いきや、二度見で覆されました

ビスポーク、オーダーする人物のパーソナリティ、趣味が色濃く反映
されるとはいえ、ここまで大胆なオーダーが、20年代にあったかと思うと、
その人物のクローゼットをまとめ買いしたくなります

テーラーはSt.James sq. に構えたFoster &Co による仕立て
現存はしておらず、今は別の会社名義になっていました
随所に丁寧な柄合わせ、手作業の多い縫製

ボタンには家紋(クレスト)の刻印があり、ボタンメーカーは
J.R. Gaunt & Son est.1884
主に王族や貴族、軍の関係にボタンを作っていた様です

当時の資産家の着道楽のような遊びのオーダー
クラシックにおいてはこの遊びが洒落となったのでしょう

文章に起こすのが難しい、肌で感じるスペシャルなジャケットです
世界に1着の90年前の奇跡



GERALD

ROOM-1,Natumezakanoma,37-22,
Wakamatucho,
Shinnzyukuku,Tokyo

東京都新宿区若松町37-22
夏目坂の間ROOM-1
Open 13h-20h
Close every Wed.,Thu.